So-net無料ブログ作成
検索選択

前田愛の子供の名前て深い意味があるんですね。


前田愛さんは2009年に
歌舞伎の中村勘九郎さんと結婚されて

現在は長男と次男の
二人のお子さんがいますが
その子供たちの名前が素敵ですよね。





2009年に歌舞伎の中村勘九郎さんと
結婚された前田愛さんですが

2011年の2月22日には長男を授かっています。

お名前は「七緒八」くんといい
「なおや」くんと読みます。



その由来は
七福神の「七」と
末広がりの「八」という
とても縁起の良い名前で
とても明るい未来が待っているような
希望にあふれている名前ですよね。





そして2013年の5月22日に生まれた
次男の名前は「哲之」くんといい
読み方は「のりゆき」と読みますが
「哲」という字を
「のり」と読むのかなと
少し不思議な気がしましたが

この名前には
とても深い意味があるそうなんですよね。



実はこの名前は
このお子さんにとっては
おじいちゃんにあたる

今は亡くなられている
中村勘三郎さんの本名である
「哲明」の一時から取ったそうです。



スポンサードリンク









昔は、その家庭に子供が生まれると
特に男の子の場合は
その家の家長であるお祖父ちゃんが
命名したり

名前の一文字を継承したりしていましたが

現在では、
そのような命名の仕方は珍しいですよね。






実の親が夫婦で考えて命名したり
占いで出された中から
選んだりすることが多いように思われます。



ですので、
その年に生まれた子どもにとって
一番良い名前ということで
同じ名前の子が多くいたりしますよね。





子供が大きくなって、
保育園に入園したり
小学校へ入学したりすると
似たような名前の子がたくさんいたりしますが

子どもに幸せになってほしいという親心は
みんな一緒ということなのでしょう。






歌舞伎界での命名といえば

市川海老蔵さんのお子さんの名前も
以前に話題になりましたよね。


2013年の3月22日に生まれた長男の名前は

「勧玄」くん。

なんとも将来大物になりそうな名前ですが


この「かんげん」君の名前の由来は

音にこだわったということで
名前に「ん」という音を入れることが念頭にあったそうです。

そして、
この子の星が五黄土星の一白水星であるので
一白の水また、北という意味が含まれているので
北を司る玄武の「玄」の字をいれ

さらに

勧進帳の弁慶も富樫も義経も勤めてもらいたい気持も含めて

「勧」という字をいれたそうで

この子が最晩年に大きな男になったとき、

素敵な人間になったときに
恥ずかしくない重さを考えたそうです。




普通に考えてみれば、
とても重たい名前のような気がしますが

生まれたばかりのお子さんの遠い将来である
晩年をも見据えた命名の仕方ということで
とても深い意味がありますよね。



赤ちゃんの名前を名づけるときに

占いを見る人は多いでしょうが

日本古来からある方位学の
九星気学を参考にするところなんて

伝統的な歌舞伎の世界で生きている人ならでは
だなと感心してしまいましたよ。



ちなみに、
2011年に生まれている長女の名前は
「麗禾」ちゃんといいますね。

長女のほうも大きくなると
とても素敵な女性になりそうな名前ですよね。


市川海老蔵さんのお子さんたちも
ブログやメディアなどに登場していますし

中村勘九郎さんの長男の七緒八くんも
もうすでに2歳の時に
歌舞伎の初舞台に出て
大評判でしたし
これからも兄弟そろって
舞台への出番が増えていくでしょうね。









しかし、
不思議と22日生まれのこどもが多いっていうのは
何か理由があるのでしょうかね。





スポンサードリンク






















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。